代表挨拶

代表の鈴木です。私は、身体障がい者であり、がんに罹患経験のある病気を持つ立場です。これまでに、患者会活動なども行い、病気を抱えている多くの方と出会ってきました。

私が思うこと、それは、病気が治ればいいのではない。その先にある日々の生活やその人らしい人生を、みんなで支えられる社会があってほしい。

そのためには、もっと「患者」と「医療者」と「企業・組織」がつながり、互いを知り、活かしあう関係が必要だと考えています。

そこで、2011年に「患医ねっと」は創立しました。

<患>者の立場の方、<医>療者、<医>薬企業をつなげ、「日本のよりよい医療環境を実現させる」が私たちの理念です。そのためには、互いを知り、興味をもてるような、様々な機会が必要です。

立場を超えて、楽しみながら、つながることの意義や意味を感じ取ってもらえるような活動を私たちはこれからも目指していきます。

理念

患者と医療者をつなぎ、日本のより良い医療環境を実現させる
患者は学ぶ。医療者は知る。お互いが同じ視線で、対等であるからたくさんのことが得られる。
医療にかかわる多くの市民が気軽に参加できるつながる場を、様々な手段を通してつくっていきます

団体紹介