【実施報告】第77回ペイシェントボイスカフェ

実施概要

イベント名第77回ペイシェントボイスカフェ
開催情報2022年3月6日(日)19:00-21:00
開催場所オンライン開催
スピーカー大穂その井 さん
疾患乳がん(再発)
参加費オンライン2,000円 オンライン(学生)1,000円
アーカイブ動画オンラインサロンにて公開

実施レポート

【日程】

2022.3.6

【ゲスト】

大穂 その井さん

【イベント紹介】

患者と医療を繋ぐ活動の一環である。

薬剤師他、医療関係者が患者さんの実際のお話しを聴くことで、患者視点や想いを知り、臨床における薬剤師の発想を広げてコミュニケーション能力向上へ繋げていただくことを目的にしている。

また、参加者同士の交流の場としても機能している。

ご自身が乳管がんとなって、その後父が脳梗塞で要介護5,母がアルツハイマー病で要介護1となり、3年間で状況が入り乱れることとなった。

がん老介護については、子育ては出口が見えるが、介護は事態が死に近づき深刻になっていく状況がある。

これまで大きく2回のSOSを出した、と。1回目は心の専門家に相談、2回目は自分が病気でも介護が可能かを介護窓口に相談した。実際に自分の抗がん剤治療と、老介護が始まり、並行は可能だった。

乗り越えるポイントは3つある、と。1つは冷静になる、1つは見栄を捨て助けを求める、1つは言霊のチカラが大切だという。

ご自身にとって薬剤師は、生活の質の担保や、具体的なアドバイス、また冗談も含めたやりとりが、がん老介護の生活の支えになるという。

(文責:滝本大輔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA