【実施報告】第79回ペイシェントボイスカフェ

実施概要

イベント名第79回ペイシェントボイスカフェ
開催情報2022年5月8日(日)19:00-20:30
開催場所オフラインとオンライン併催
スピーカー松本 眞由美 さん
疾患膵臓がん、糖尿病
参加費来場参加4,000円 オンライン2,000円 オンライン(学生)1,000円
アーカイブ動画オンラインサロンにて公開

実施レポート

【日程】

2022.5.8

【ゲスト】

松本 眞由美さん

【イベント紹介】

患者と医療を繋ぐ活動の一環である。

薬剤師他、医療関係者が患者さんの実際のお話しを聴くことで、患者視点や想いを知り、臨床における薬剤師の発想を広げてコミュニケーション能力向上へ繋げていただくことを目的にしている。

また、参加者同士の交流の場としても機能している。

膵臓がん自体はなかなか発見が難しく、背部痛や糖尿病の発症などがきっかけになることがある。当時パートをしながら4人家族を支えていた。夫の職場の家族検診にて血糖値高値と判定され、それが専門医の推測から膵臓がんの発見に繋がった。

ロングサバイバーとなれたのは、糖尿専門医が膵臓がんを疑い、確定診断から手術への対応が早かったことが大きかったという。その根底には、生き抜きたい気持ちと、医療情報が大切だったという。家族の事もあり、普通の生活が幸せという気付きがあった。

現在は、膵体尾部切除のため内服とインスリン注射にてコントロール中。がんになってからの経験は貴重なものであると考えている。薬剤師との関わりは、検査値、副作用、投薬量に対しての声掛けは大きな安心へ繋がっている。

処方薬の渡し方について、コミュニケーションの取り方や、処方薬についての説明、気軽に相談出来る環境があるのは大きいと感じている。薬は患者の命の砦、薬剤師さんをチームの一員と捉えながら、自分自身もできることで社会貢献できたらと感じている。

(文責:滝本 大輔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA